福岡交通局の保守車両

福岡市営地下鉄開業30周年記念で開催された
地下鉄フェスタ2011(姪浜車両基地)で
展示されていた保守車両たちです。

軌道モータカー・クレーン付きです。
水色の帯は、福岡市営地下鉄らしさが出ている車両です。
画像


福岡交通局の『電気検測機』ですが
車両はキレイ過ぎる程、キレイで新品に見えますが
両端に階段を設置しているせいか動かない保守車両にも見えます・・・。
画像


モーターカー(アイモ)
今回、展示されていた保守車両の中では
一番現役として活躍していそうな車両に感じました。
画像


外見のデザインは、福岡交通局オリジナル
見た目は、一番カッコイイ保守車両です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年11月02日 20:53
電気検測機ですが、「きかんしゃトーマス」にでも出てきそうなキャラしていますね。
ギンギラギンの車両、やはり交通局オリジナルの車両でしたか・・・。これらの車両の中で一番個性があり福岡の地下鉄らしい車両ですね。
また、関門トンネルに配属されてもおかしくないなぁ・・・と一人思った車両でもありました。
げん
2011年11月02日 21:18
気ままさん、こんばんは。
そうですね、交通局の保守車両は、きかんしゃトーマスに出て来てもおかしくない車両ばかりですね。
関門トンネルや貨物ターミナル内で
働いてもおかしくない車両もありましたね。

この記事へのトラックバック